ヨットの積込み

北海道大学ヨット部さま合宿所にて 遠征時に使用いただくトラックへのヨットの積載について

レクチャーさせていただきました

*4月だというのに小樽はまだ雪の山^^

遠征の少ないヨット部は経験値や段取りの面から、

手慣れたクラブと比較して、

積込みに倍以上の時間を費やしているケースもあるようです

そこで今後、効率良く積込みいただくために ​・積込みに必要な道具

・トラックが到着するまでにしておくこと

・積込み手順

について30分弱の短い時間ではありましたが ご説明をさせていただいました

まだまだ、どこのチームも準備と工夫次第では

今よりもっと早く、安全で、確実に積込みができると思います

積込みを効率良く行なうことで、ヨットのスピードが速くなる訳ではありませんが

大切な艇が大会会場に届かなければレースに出場することができません

参加選手皆さんにおいても積込みを待っているドライバーにとっても

時間は有限です

これから遠征されるチームはヨット上達の追求に加え、

効率よく積載することについても意識をもってみましょう

北海道大学ヨット部の皆様、 ご清聴いただきありがとございました!

おすすめの情報
最新のニュース
カテゴリー